Home > Auto Archive

Auto Archive

RX-8リアルタイム情報をグラフを使ってもっと分かりやすく表示してみる

前回の動画でアイドリング時の燃費について動画にしたわけですが、アイドリング時ってことで信号待ちばかりで見ている人には退屈な動画になってしまいました^^;
そこで、きちんと走っているところを取り出して再編集。

ただ、単に再編集しても楽しくないのでグラフを一緒に載っけることにしました。これで、一瞬で数値が変わってしまうものでもいろいろ比較できます。

RX-8車載動画にリアルタイム燃費情報を表示して懐具合に思いを馳せる

というわけで、今度はRX-8の燃料消費状況をモニターして、リアルタイムの燃費情報を車載動画に重ね合わせてみました。

吹かしたときに燃料を消費するのは体感的にも理解できるのですが、信号待ちなどアイドリング時にこれほどまでに燃料を使うのかと驚きました。百聞は一見にしかず、ですね。

On-vehicle movie overlaying vehicle information using CANUSB

I overlaid various vehicle information (i.e. speed, rpm, and so on) extracted by CANUSB on my on-vehicle movie.

Continue reading

CAN + Quartz Composer + 車載動画 = PS4動画?

CANデータを使った動画、もう少し派手めに...ということで、作ってみました。 といっても、CANのデータからいちいち速度などの情報を手で入力していては日がくれてしまうので、それらを自動でレンダリングする術を考えなければなりません。

今回は、Quartz Composerのカスタムパッチを作ることでCANログをQuartz Composerに取り込むことにしました。

Continue reading

CANデータを見るプログラムを動画にしてみた

先般のエントリにてRX-8のCANデータをグラフにしてみましたが、リアルタイム情報を車載動画にピクチャインピクチャとして重ね合わせた動画をつくり、ニコニコ動画にアップロードしました。

今までは見る専門だったので、どの程度の方に見て頂けるかはまったく未知数でしたが、一日経たない間に300人以上の方に見て頂けたようで。 人気動画とは比べものになりませんが、場末のブログにひっそり置いておくよりはよっぽど見て頂けるので嬉しいです。

次はもう少し派手目に作ります。

iPhoneのSafariを使って走行中の道路名をtweetしてみた

roadName_tweet.png

というわけで、サーバに展開した国交省のデータを使って、実際にTwitterでつぶやくようなアプリを作ってみました。

といっても、専用アプリを書くのは面倒なので、ひとまずはiPhoneのSafariからGPS情報をサーバに送りつぶやくようにしてみました。

Continue reading

せっかくなので道路をGoogleMaps上にプロットする

road_plot.png

前回のエントリで記したとおり、自分が道路上にいるかどうかを調べるためには、そもそも道路のデータを保持していなければなりません。

このデータを使って地図上に高速道路や国道のラインをプロットすることが出来ます。

最初、前回のエントリで作ったデモに組み込もうと思って試しにやってみたんですが、位置データが多すぎるため、blazedsを使って単純にサーバからクライアントにプッシュするとTomcatが落ちてしまいました...(たぶんシリアル化する時に落ちてる)。

GoogleMaps APIを調べてみると位置データをエンコード化して読み込ませるというオプションがあったので、サーバ側でデータをエンコードした上でクライアントにプッシュすることで、そちらを実装してみたらうまくいったので公開します。

あ、そうそう、前回のデモでは関東圏だけしか動きませんでしたが、DBをアップデートしたので、今は日本全国調べられます。

Continue reading

緯度経度から、その場所を走っている道路名を調べる

roadName.png

うわー、これまたタイトルからしてニッチ(笑

最近、「流行っている」と形容するのも恥ずかしいtwitterですが、「○○なう」などとつぶやいている人が結構見受けられます。「○○」にはその時訪れた場所だったり、その際やっている行動だったりが入るわけなんですが。

これ、車の運転中にはできないですよね、危なくて。なので、つぶやきをそれっぽく自動化できないか考えてみた訳なんですが...。

前回のエントリでは車の中を流れる各種データを取り出すことが出来たので、たとえば、エンジンを切らずに速度0が一定時間続いた回数をして「(ほぼ)信号待ちの回数」としてカウントし、「信号待ち100回目なう」などとつぶやくことは出来そうです。あるいは、制限速度を超えたら「現在XXkm/hで巡航中。○○県警かかってこいや」とつぶやくことも可能でしょう(よい子はまねしちゃいけません)。

...ただまぁ、大がかりなわりにはあまり面白そうなつぶやきのネタにはならなそうですし、第一この設備が一般的ではないので、他の人にとっては「ふーん」程度であまり参考にならないです(自分で運転を解析するにはとても面白い情報なんですけどね)。

そんなわけで、もう少し一般的なGPSから得られる位置情報を利用してなんかできないか考えてみました。それが、このタイトルにあるような技術を利用して「国道○○号線なう」みたいなことをつぶやくというものです。

Continue reading

CANUSBを使ってRX-8の各種データを取り出してみる

rx-8_gear_snip-2.jpg

前回のエントリまで使っていたELM327チップですが、どうも全てのデータのログを取ろうとするとバッファが溢れてしまうようで...。ただせっかく乗りかかった船なので、CANUSBという代物を購入してRX-8のデータをリアルタイムに取り出してみることにしました。

上記の画像においてグラフの意味は以下の通りです。

  • 赤 線:車速
  • 青 線:エンジン回転数
  • 紫 線:ラジエータ水温
  • 水色線:エアインテーク温度
  • 黄色線:アクセル開度
  • 赤領域:フットブレーキを踏んでいる
  • 青領域:クラッチが切れている
  • 緑領域:(高さに合わせて)ギアポジション

CANはまぁここでは車内LANのようなものだと考えておけばいいと思います。自動車内のコンピュータとその他センサや計器類との間で情報をやり取りするときのプロトコルなのですが、特徴の一つはブロードキャストだということです。 なので、OBD-IIのようにポーリングしてデータを取り出すのと違い、ネットワーク内を流れているデータであれば「盗み聞き」することができるため、車内コンピュータへの負荷が(おそらく)ありません。 コンピュータに負荷がかかった場合にもおそらくフェイルセーフが働くとは思いますが、心理的な負担がこちらのほうが少ないですね。

Continue reading

RX-8とOBD-IIでお話をする - シリアル接続プログラミング

前回のエントリでELM327デバイスが動作することを確認したので、今回は簡単なプログラミングをしてみようと思います。

Bluetooth版のデバイスを自分は選んだので、BluetoothのRFCOMMを利用することになります。今回はJavaでプログラミングをすることにし、BluetoothライブラリはBluecoveを利用します。

Continue reading

RX-8とOBD-IIでお話をする - 動作確認

ELM327の載ったデバイスを手に入れたので、今エントリでは実際に自動車に取り付けて動作確認をしたいと思います。

前回のエントリで自分はBluetooth版デバイスを買いましたが、基本的にデバイスとお話しする方法はシリアル通信となります。RS-232C接続(つまりシリアル接続)の場合には該当するデバイスとお話をすればいいですし、USBやBluetoothの場合、各OSで仮想的なシリアルデバイスを作成できます(WindowsだったらCOM1とか、Macだったら/dev/tty.*とか)。

MacだとBluetoothで仮想デバイスを使って常にお話しするのはどうも安定性に欠けるようなのですが(Snow Leopardは長く試してないので改善しているかもしれません)、いずれにせよ動作確認のためだけであれば問題ないでしょう。

普通だったらここで実際に配布されているソフトウェアを使って動作確認をするのでしょうが、自分の場合は(それだとつまらないので)実際にターミナル経由でデバイスと直接お話をしてみることにします。

Continue reading

RX-8とOBD-IIでお話をする - 準備

久々の投稿です。

OBD-IIという自動車のコネクタを通した各社共通の診断プロトコルがあるのですが、そいつを日曜プログラマでも簡単に扱えるようにするELM327というチップが存在することを知りました。 そして、そのチップを使ってシリアルやらUSB、Bluetoothなどでパソコンからお話をするデバイスもいくつか売り出されているようです。これを使うと、エンジン回転数や速度などの基本情報、それにエンジン温度や瞬間燃費等の普通は知ることのない情報をリアルタイムに取得することができるようになります。

え、そういうのだったら既に売ってるって? ええ、BLITZ R-VITとかそうですよね。仕組みはまさに同じなのですが、自分でのプログラミングだと簡単にログをとったりいろいろ遊ぶことができます。逆にそういった加工をしないのであればこちらの製品のほうが手っ取り早いと思います。 自分の場合は、パソコンと連携していろいろやってみたかったってことと、どうせすぐに飽きるのに4万とか5万とか出せないので自作することにしました。OBD-IIから情報を取り出すだけなら5000円くらいのパーツだけで済んでしまいますので。

というわけで、この投稿から数回にわたってELM327を使って車とお話しするアプリ製作の備忘録を書いていこうと思います。

今回は、ELM327を搭載したデバイスを手に入れるフェーズに関して記載します。

Continue reading

右か左か、それが問題だ

人間工学とかそういうのは全然詳しくないのですが、道路の「右側通行・左側通行」に関しては北京へ行ったりするといつも不思議に思います。
wikipediaで調べてみると、日本のような左側通行は比較的少数派ですが、別にこれが「欧米諸国は右側通行でアジアは左」、とかいうわけではないのがおもしろい。実際中国も右側通行ですし。
電車も日本は左側通行が基本ですが(山手線とか考えるとよく分かります)、やっぱり諸外国では右側通行ってのが多いようですね。いったいなんでなんでしょう?? 理由を知っている方は教えていただきたいです、はい。


蛇足ですが、沖縄が日本に返還された際には、当然右側通行から左側通行へ切り替わったわけですが、その様子を観光(?)にいくツアーが組まれたりして、一部の人から「それって混乱による事故を期待しているようで不謹慎だ」との声が上がったとか…。


まぁ、それはさておき。
輸入車を運転するときによく困惑するのは(ここで輸入車を運転する機会なんてほとんどないだろ、というツッコミは却下)、「ウィンカーとワイパーの位置が逆」というもの。
右折する際にウィンカーを倒そうと思ったら、グワーっと盛大にワイパーが空気を掃いてしまったという経験をお持ちのかたもいるのではないかと。

国産車は、基本的に「ウィンカーは右、ワイパーは左」です。輸入車は逆で、右ハンドル車であっても「ウィンカーは左、ワイパーは右」です。右ハンドル車でも変更しないのはおそらくコストの問題でしょうね。

さて、ここで問題。
国内メーカーは輸出することも考えたら、ウィンカーとワイパーを欧州仕様(あ、イギリスは左側走行なので除く)にしちゃったほうがお得なはずですが、なぜ「ウィンカーは右、ワイパーは左」なんでしょう?。

Continue reading

HONDA: The Power of Screams

UKのHONDAでは,Civicの面白いCMをサイトで公開しているようです.
UK HONDA Civicのサイトはこちら
この中の"Watch"で見られます.

これはとにかく見てもらわないと面白さが分かりません.いや,聞いてもらわないと,かな.
Makingムービーもありますが,こちらも面白いです.

"The Power of Screams"がなんのパロディかはみなさんご承知の通り.


これだけで新型Civicに好感を持ってしまうのは,戦略にはまりすぎでしょうか(笑
でもほんと,このハッチバックは良いなぁ.日本でもでないかなぁ.

寸又峡とRX-8と

sumatakyo.jpg23日はサークルの友人たちと一緒に静岡は寸又峡へ行ってきました.紅葉のシーズンなので当然紅葉を見に行くという大きな目的はあったのですが,もう一つ「Mazda RX-8をレンタルしてのドライブ」というのが今回の重要な目的でした.

紅葉を見に行くだけならもっと地元でのんびりした方が良かったかもしれません.なにせ,片道5時間以上の道のりですから….
僕自身はそこそこ満足でしたが,他の人が楽しめたかどうかが心配です.どうだったかな….

RX-8.借りたのはMF5速バージョンです.
何せスポーツカーに乗る事自体が初めてなので,エンストばしばしやっちまうかなとも思いましたが,そんなこともなく一安心.クラッチの固さや車高の低さはさすがに一般車とは違うなって感じですが,運転できないってほどでもありませんでした.
ただ,やはり固めのセッティングのため,後部座席に乗って山道を通過したら途中で酔ってしまいました.はねるはねる….お手軽価格でいい車だとは思いますが,さすがに「ファミリーカー」じゃあないよなぁと実感です.

寸又峡自体は,こじんまりとした温泉街で小さなところですが,一時間ほどかけてぐるっと山をまわる散策コース(300段以上の石段を登る必要があります)などがあって楽しめました.山なので日が暮れる頃になるとかなり寒かったですが….
右上の写真は,寸又峡で有名な「夢の吊り橋」を撮ったものです.エメラルドグリーンの寸又川にかかったものですが,実際に渡れます.「吊り橋に同時に乗れる人数は10人」って書いてあったけれど,がんがん人が乗っていたような….あれ,良かったのかしら.

あ,一応普通のもみじの写真もアップ

本日のコース

今日は,免許取得したての同輩及び後輩のお目付役という事で,めずらしく助手席に.

新宿→(首都高・中央高速)→河口湖
河口湖→西湖→ほうとう→山中湖
山中湖→御殿場→芦ノ湖
芦ノ湖→(小田原厚木道路・東名高速)→東京
東京→浦和
浦和→新宿

ほとんど運転の経験の無い二人がいきなりこのような道を走れたのだから,正直凄いと思う.
申し訳なかったのは,仕事がなかなか終わらずに前日の打ち上げ後に二時間睡眠で臨んだ自分が「すっげー眠い」を連発していた事.
なんか,もそっときちんと生活して他の人を不快にさせないようにしなければ.

アクセラ、気が利く機能

アクセラ、最近は休日学校まで走らせる事が多いです。
休日は学校近くのパーキングが無料なので、駐車代金を気にせず停められます。

卒論が終わってからはそうでもありませんが、車で来ると終電を気にしなくていいため、ついつい研究室に長居をしてしまいます。
んで、夜中に帰る事になる訳ですが。

アクセラ、キーレスエントリーでロックを解除すると、その時点で室内灯がつきます。今までの車はドアを開けてからでした。
また、自宅についてエンジンを切ってキーを抜くと、やっぱりその時点で室内灯がつきます。助手席においた荷物などをすぐに視認できるため、かなり便利です。
#最近の車でこの機能が当たり前だったらごめんなさい。

そのせいか分かりませんが、アクセラの室内灯のモードは「OFF」か「AUTO」しかありません。
ボタンを押して明示的に点灯させる事ができるのは補助灯のみです(まぁ、それでも明るいです)。


以前の車は、車速が一定以上になると勝手に全ドアがロックする機能がありました。これまた便利ですが、アクセラにはありません。残念。
また、以前の車は運転席のみ車内からだったら「ロック状態でもノブを引くとドアが開く」という機能がありました。これはいいのか悪いのか…。緊急時にはたしかに便利かもしれません。電気的ではなく機械的にやってそうですし。

なんとなく「プチ」コンテクストアウェア。
みなさん、なんか車(以外でも可)で気が利く機能を知っていたら教えてくださいませ。

洗車

ボンネットやフロントガラスがあまりに汚れていたので,車を洗ってみた.
…やたら疲れました.
なんだかしらないけれど,もう一台の車の方も洗わされたりしてさらに疲労.

数日間雨が降らないことを祈ります(屋根なし駐車なのです).

Axelaのお姿

某方面から写真見せてーとの声があったので,とってみました.影になっちゃっててすみません.
クリックするとでかくなります.

正面.
axela front

こちらがリア.
axela rear

暗闇車内パネル.
panel

暗闇メーター.
meter

Axela zoom - zoom!!

やっと来ましたMazda Axela.グレードはセダンの15F ATという,凄く買ってる人が少なそうなやつ.それも「ど」ノーマル.

午前中にディーラーさんが持ってくるという情報を(今回は)キャッチしていたので,とりあえず乗ってみました.


まず,ギアをバックにして車道へ….
うちは目の前が交差点なので,信号が赤だった場合は,信号待ちしている車の前に割り込む形に^^;

よし,青だ.出発ー.

ぎゅいーーーーーーん

う,うるさっ!!
と思ったら,ギアがアクティブマチックに入っていて1stのまんまでした^^;
あの迷路みたいな(?)ギア,初めてなんです.

気を取り直して巡航開始.
ハンドル軽いですね.そして,今までFRに乗ってたってのもあるんでしょうが,心持ちスピードが上がった状態(言葉のあや?)での右左折時に車体が不安定な気がします.ま,これはすぐに慣れるでしょう.

んで,とりあえずGSでガソリンを満タンに.
「窓をお拭きしますか?」とか言われるも,初めて「いや,いいです」と答える自分.
ちょっと気分,いいですね(笑)

国道に出て,スピードを出してみたりして.
結構きびきびギアが変わって良い感じ.加速したいなーと思ったときにはあまり意識しなくてもギアが下がってくれたりして.アクティブマチックはちょいと反応が鈍い気もしますが….


その後学校に登校し,帰宅.

夜にまた乗ってみる.今度は新大宮バイパスとか川越街道あたりをぐるーっと.

とりあえずライトを付けて….

あかっ!

車内イルミネーションとか全部赤です.
横で見ていた父親はちょいと引き気味でした^^;
そういう意味でも若者向けなんでしょうね,やっぱり.

昼間よりもスピードを出してみたりして.やっぱり速度が上がるとノイズが結構ありますね.
タイヤも最初に履いてる奴はあんまり良くないみたい.

で,川越街道.
黒ランエボのお兄さんに競争される(怖
そういう趣味は全くないんですが….アクセラ(それもセダン)ってそういう対象なんでしょうか.
ほんと,怖かったなぁ.


とりあえず,今日はそんな感じ.

アクセラその後

昨年末にポストした車購入の件ですが、予想通りまだ納車されません。ぐぅ。
来週中にはくるそうなので、我慢我慢。

んでそのMAZDAはといえば、なんか初売りとか言ってる訳ですよ。
だいぶ値引いてもらってるとかであまり文句を言わない方針らしく、まぁディーラー側としてみたら「いいお客さん」なのかもしれません。

んで、いろいろネットを調べてみると、どうも最近の車は何か傷つけたときの修理費が高いらしい。
すぐに凹むってのもそうですが、かなりの部分が一体成型されていたり、バンパー裏にいろんなものが詰め込まれてたりして、なんだかんだで費用がかさむんだそうです。

そういう万が一のときのためには高めの保険に入っておくといいのかもしれませんが、あんまり高いというのも考えもの。それに、いくら高めの保険でも全額返ってくる保証はないですし。
ということで、とりあえず自分でぶつけるのは避けましょうってことでコーナーセンサをつける方向で検討中。うちには一人「ぶつけ魔」がいるので、抑止力になってくれればいいのですが…。

卒論と自動車との関係について

最近、卒論まわりの雑事で忙しく、帰宅するのが日が変わってからというのが珍しくありません。
他の家族は既に寝ていることが多く、家族との会話のない日もざらです。


んで。
今日、午前中になぜかMAZDAの営業の方がお見えに。
聞くと、既に新車購入手続き完了とのこと。車種はAXELAらしい。
これまで乗っていた車はたしかにだいぶ長い間お世話になっていたけれども、それにしたって急。それもなんだってまたいきなりAXELAに?(これまではTOYOTAのセダンでした)。

とそんなことを(久しぶりの)家族に聞いてみたら、ほぼ祖父の独断によって決まったらしい。大株主(そして100%完全出資)も同人とのこと…。まぁ、あんまり大きい車も自分にとっては乗りづらいし、これくらいが必要十分という趣旨のようだけど、横幅は実は今までのよりも5mmほど広かったりするあたりがちょっと抜けている気もする。

一番車に乗る人の意見が全く聞かれないというのもアレな気がするけれど、ここは資本社会、涙をのみましょう。とりあえずこれからお世話になります。

納車は年内とのことだけど、こんなことがあって大丈夫かしらん。

Index of all entries

Home > Auto Archive

Search
Feeds

Return to page top