HDMIケーブルをコンセントに通す時に使える通線チップ

セキスイハイム

自宅では壁掛けテレビとAVアンプの間が10m近く離れているため、壁の中をHDMIケーブルを通して繋いでいます。壁の出入り口としてコンセントパネルを使っているのですが、どのようにコンセントパネル部分を処理するか、というお話です。

スポンサーリンク

壁掛けテレビではHDMIケーブルやUSBケーブルも隠したい

壁掛けテレビの場合、電源コンセントやアンテナ端子をテレビ裏に配置することで見た目をすっきりさせることが多いです。

テレビを見るだけならこの2つだけで良いのですが、他の機材と接続する場合には以下のケーブルもなんとかして隠したいです。

  • HDMIケーブル:ゲーム機やレコーダー、サウンドバーやAVアンプなど
  • USBケーブル:録画用ハードディスクなど

このような場合、コンセントパネルの一部のエリアを使ってケーブルを通すことが一般的ですが、コンセントパネルの1マス分のサイズはケーブルよりもだいぶ広いため不恰好です。

具体的にはこんな感じ。穴が空いている…。

また、単に不恰好なだけでなく気密性も低下します。床下と繋がっていたり、外壁とも近かったりするため、手を近づけると少し冷たい風が流れていることがわかります。

スピーカーケーブルや光ケーブルなど、端子がついていない導線のみの場合は以下のような通線チップを使うことで穴が空いている範囲を小さくすることができます。

パナソニック(Panasonic) 通信チップ ブッシング付 ホワイト WN3025SW
パナソニック(Panasonic)
¥253(2023/12/09 15:30時点)
●コスモシリーズワイド21
●通線チップ
●ブッシング付
●光ファイバーケーブル、5C相当の同軸ケーブルなどの通線ができます(最大φ9)
パナソニック(Panasonic) 大穴テレホンガイド ホワイト WN3022SW 20個入
パナソニック(Panasonic)
¥1,210 (¥60 / 個)(2023/12/09 11:27時点)
●利休色
●ラウンド形
●1連用/1個用

ただ、HDMIケーブルやUSBケーブルの場合は利用できません。端子部分が穴よりも大きくて通すことができないためです。

スポンサーリンク

HDMIジャックをつける…?

一つの解決策は、この穴の部分にHDMIジャックをつけてしまうというものです。

パナソニック(Panasonic)SO-STYLE(ソー・スタイル)埋込AVコンセント(HDMI対応)(L型)(セラミックホワイト)WND1211CW
パナソニック(Panasonic)
¥2,323(2023/12/06 12:17時点)
パナソニック(Panasonic)SO-STYLE(ソー・スタイル)マットブラック埋込AVコンセント(HDMI対応)(L型)(マットセラミックホワイト)WND1211MCW

このジャックはメス – メス端子になっているので、

  • 壁の中にHDMIケーブルを通す
  • このジャックをHDMIケーブル両端に繋ぎ、コンセントパネルに固定する
  • テレビとジャックの間は別途HDMIケーブルで繋ぐ

という形になります。

見た目とても綺麗ですし悪くなさそうなのですが、このジャックの仕様書を見てみると、自宅の場合では適用できないことがわかります。

  • 総配線長が4m以下まで
  • 適用ケーブルがプレミアムハイスピードHDMIケーブル(4K 60Hz 18Gbps)まで

前者はそもそもTVとAVアンプまでの距離に足らないですし、後者に関してもせっかくの4K 120FPSが使えないというのは寂しいです。

早々にこの案は不採用となりました。

スポンサーリンク

HDMIでも使える通線チップを見つけた

パラパラと神保電器のカタログをめくっていたら(それは一体どういう状況なんだ、というツッコミはなしで…)、こんな製品を見つけました。正式名称はマルチケーブルホルダーといいます。

これ、ぱっと見普通の通線チップに見えるのですが、以下の特徴があります。

  • 部品が三つ(ホルダーx1、カバーx2)に分解できるため、大きな端子も通すことができる
  • 二つのカバーで挟み込む部分にはスポンジが敷き詰められていて、気密性に配慮
神保電器 マルチケーブルホルダーカタログより

4色取り揃えられている点も好印象です。

普通の通線チップよりは値段が高いものの、HDMIのジャックをつけるよりは全然安いですし、これを使ってみようと思います。

スポンサーリンク

マルチケーブルホルダーをつける

先ほどのこちらに、マルチケーブルホルダーを取り付けてみます。

気密性という点では右奥の通線チップも気になるのですが…

まずは、コンセントカバーを取り外します。

気密パッキンが取り付けられてますね

このシートは、気密を向上させるパッキンになります。

セキスイハイムではこのパッキンが標準でついてきます。ことここに限っていえばこのスッカスカな状態で気密パッキンもないだろうと思いますが、せっかくついてきたのでありがたく活用します。今回の処理を受けてようやく本領発揮というものです。

次に、この気密パッキンを取り外し、さくっとホルダーを取り付けるとこんな感じです。

白い「枠」が入りました

ここに、2つのカバでケーブルを挟んでホルダーに取り付けると、こうです。

中央の黒く見えるところは空洞ではなく、スポンジです

そして再度気密パッキンをしてカバーを取り付けると、こうです。

しっかり収まって見た目が良くなりました(テレビの裏に隠れちゃうけど)。また、手を当ててみても風が流れているのは感じられなくなりました

もう一方のAVアンプ側も同様に処理しました。(自己)満足。

スポンサーリンク

まとめ

通常の通線チップでは対応できないHDMIケーブルのコンセント周りの処理を、神保電器のマルチケーブルホルダーを使って処理しました。

見た目もさることながら、気密性が向上するのがプラスポイントです。

通常の通線チップより金額は高いですが、そこまで購入する数は多くないでしょうから、見た目や気密性を気にする方は使ってみてはいかがでしょうか。

蛇足:

10mのHDMIケーブルはこちらのメーカーのものを使いました。光ファイバー式アクティブHDMIケーブルのため、15mという長距離のものもあるようです。

【Ultra High Speed HDMI 認証取得】Cable Matters 8K 光ファイバー HDMI ケーブル 8K HDMI ケーブル Active 超高速HDMIケーブル 10m 8K 60Hz /4K120Hz HDR対応 Xbox PS5 Apple TV適用
Cable Matters
¥9,999(2023/12/09 14:11時点)
【最大10m接続可能】本Active 光ファイバーHDMI ケーブルはアクティブなチップセットと光ファイバコアを採用しており、信号をブーストし、そんなに長距離での完全でエラーのない8K@60Hz又は4K@120Hzのビデオパフォーマンスを実現するだけではなく、普通のHDMIケーブルより信頼性の高いHDMI信号も提供します。

そこそこ値段が張るのと、一回壁内を通してしまうと不具合があったときに取り替えるのが大変なので選定が難しかったのですが、こちらのサイトのレビューを参考にしてこの商品に決めました。問題なく動いてよかったです。

Cable Mattersの光ファイバーHDMI2.1ケーブルを試してみた。PS5やXbox Series X/S用のHDMI2.1ケーブルはこれで決まり! : 自作とゲームと趣味の日々
Ultra High Speed HDMI認証やXbox互換製品認証を取得している光ファイバー式HDMIケーブル「Cable Matters Active 8K HDMI Fiber Optic Cable」をレビュー。PlayStation5やXbox Series X用のHDMI2.1ケーブルはこれで決まり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました