なんか、海の向こうで大変盛り上がってしまったようで、作った本人がびっくりしております。次のバージョンでは遂にIRセンサが組み込まれるので楽しみにしていてください。SourceForgeで公開する予定です。
あと、加速度センサの値の変換もあまりに適当だったのでやり直します。

さて、ちょっとDarwiinRemoteでFAQ的なものを日本語で書いておきます。

  • これは何なのか
    • 任天堂のWiiに付属する(単品でも購入可能)WiiリモコンでMacを操作するものです
    • 現在のところ、三軸加速度センサとボタン、LED、バイブレーションモーターなどをサポートしています
    • AppleRemoteっぽいこともできます
  • 動作環境
    • Mac OS X 10.4以上
    • Bluetoothを接続できるマシン(某所で言われたIRポートはいりません)
    • Intel CoreでもPowerPCでもOK
  • マウスモードでカーソルがきちんと動かない
    • Wiiリモコンの加速度の値は個体差があるようです。次のバージョンではキャリブレーションの仕組みを導入します
    • そもそも傾けて操作するのは難易度が高いです。次のバージョンではセンサーバーを使ったポインティングも導入します
  • キーバインディングが変
    • できればキーバインドをコンフィグレーションできるようにしたいです
  • WiinRemoteの移植なのか
    • 違います。作者のtokkyoくんは同じ研究室の後輩ですが、コードを共有しているわけではありません。WiinRemoteの実装言語はDelphi、DarwiinRemoteの実装言語はObjective Cです
  • Wiiリモコンをハックするのは難しいのか
    • 単にデータを読み取るだけであれば全然難しくありません。ドライバを書こうとするとちょっと大変かもしれません
    • WiiLi.orgの情報だけでデータ取得できます
  • なんで英語の情報がメインなのか
    • WiiLi.orgで得た情報なので、まずは成果を還元すべきという思いから英語をメインにしました
    • 英語で書くと、アメリカだけではなくて多くの国の人が読めるというのもあります

では、今後ともよろしくお願いします。
技術的なこと、それ以外のことでも、何かありましたらコメントを残してもらえると嬉しいです。