Home > Bike Archive

Bike Archive

富士スピードウェイ顛末

fisco.jpgこのエントリの続きです。

というわけで、だいぶ間が開いてしまいましたが富士スピードウェイでの顛末を。


10/29に参加したイベントは、富士チャレンジ200というものです。まぁ、富士スピードウェイを自転車で疾走してしまおうぜという企画。
詳しくはリンク先を見てもらえれば分かるのですが、200kmを個人で走りきる種目や、4時間耐久で複数人で繋いで走る種目などがあります。

今回は、バイト先の社長さんと先輩と自分の三人で4時間耐久種目に出場しました。


いやこれがですね、気持ちいいんです。走ってる最中に富士山が目の前に見えるわ、下りでは時速60kmくらいで走るわ…。まぁ、のぼりになると20kmを切ってしまうのですが(汗
まぁいずれにせよ、あんなに広い道幅のクローズドサーキットを自転車でなんてめったに体験できることじゃないので、良い経験になりました。


しかしまぁ、これだけで終わらないのが初心者なワタクシなわけでして。
今回の参加者は初心者から上級者まで幅広かったのですが、それ故上り坂では結構詰まりがちになってしまいます。スピードを出したくてもなかなか出せない状況。

そんなところで前のゆっくりめの自転車にあわせて走っていたら、後ろからいきなりがつんと衝突され、バランスを崩した自分は落車転倒。転倒した車体に後ろの自転車が乗っかって、踏まれた後輪がパンクしてしまいました。
幸い大した怪我はなかったものの、リレー形式なのでなんとか後ろの人に繋ぐべく、ゴールまで残り1km以上を自転車をひっぱって歩く羽目になりました。なかなか寂しいです、あれは。

しかしまぁ、なんとか社長に繋ぐことが出来、アクシデントにもかかわらず4時間で25周という目標を達成することが出来ました。来年また出場できれば、さらに記録を伸ばしたいところ。


(おまけ)
fisco2.jpgパンクした後輪タイヤを剥がし、損傷具合を見るためにバラされた我が愛しのSirrus。

ヨコハマ自転車紀行

昨日は研究室のメンバー5名で横浜まで行ってきました、自転車で(笑
MTB x 2、クロスバイク(自分)、シティサイクル(ママチャリ)x 2といった感じでした。しかし、ママチャリで80kmオーバーというのはなかなか凄いですな…。

朝9時ごろ新宿を出発予定だったので、前日に研究室に自転車を持ってきておきました。スタート時点で20km以上走っているというのは避けたかったので^^;


結構ゆったりと行ったのでハァハァいうようなことは無かったですが、さすがに次の日筋肉痛がきました。体がなんとなくだるーい感じです。特に肩が痛いのは、おそらく3kg以上のリュックを一日中かついでいたからだと思いますが^^;

自転車につけた速度計兼オドメーターによれば、新宿→横浜→新宿→自宅でだいたい105km程度だそうです。これまで一日50kmくらいまでしか走ったことがなかったので結構なレベルアップかもしれません。

そうそう、昨日はGPSにて通り道をトラックしていたのですが、そいつをGoogle Mapsなウェブページに出力してみました。写真とかもちょろっとのっかっているので、よろしければどうぞ。あんまり古いブラウザでは見られないかもしれません。

迷子

今日は研究室まで自転車。

終電がなくなる頃に研究室を出て帰宅したわけですが、途中で道に迷いました(汗
いつもの道を通って帰れば良いものの、「あ、この道使えば近いかも」とひらめいてコースを外れたのが運の尽き。

昼間ならたいてい大きな建物が見えるのでなんとかなるのですが、夜中となるとそうもいきません。まっすぐと思っていた道も実はカーブしていたりして方向感覚を失ってしまいます。

今日はずいぶんひどくて、知ってる道に出たにもかかわらず、一瞬研究室に戻る方向に走り出してしまいました(汗
まぁ、光が丘のマンション群の真っ直中だったため、景色で判断が付きにくかったってのはありますが、それにしたってここまで酷い迷い方は生まれて初めてです(そもそもあまりり道に迷わない)。


自転車乗りの間では、GARMINという会社のGPSが有名です。いわゆるカーナビの自転車版で、「どれだけの距離を走ったか」「どんなコースを走ったか」「今どこにいるか」などという情報が分かります。

ただ、寄り道するのが楽しかったりする自分としては、的確なコースを指定されてしまうというのは逆にあまり面白くないのです。カーナビがあまり好きじゃないのも同じ理由かもしれません。


自分が欲しい情報は、「目的地の方向にある程度向かっているかどうか」です。
自転車の進行方向ベクトルと、現在地から目的地へのベクトルとの内積が負だったら明らかに遠回りしてる(というか、真後ろに進んだ方がまだ近づく)ということが分かります。そうなれば、次の交差点でどちらに曲がって見ようか、といった指針として役立ちます。

これって、GPSのデータだけ使えばなんとかソフトを組めちゃいます。今度機会があったら携帯(といっても、WillcomのW-ZERO3ね)で動くソフトウェアを書いてみることにします。W-ZERO3にシリアルケーブルが繋がるかどうかが問題かぁ…。

サイクルスポーツセンターへ行く

週末はバイト先の社長さんご家族と、修善寺にあるサイクルスポーツセンターにいってきました。
一番の目的は、5kmサーキットに参加すること。


いやぁ。正直甘く見ておりました。
研究室までの往復がだいたい45kmくらいなので、5kmなんて余裕と思ってましたが、この「高低差約100m」ってのがくせ者でした。
下り坂はその地の利を生かして60km/h近いスピードで疾走できるのでとても爽快なのですが…、問題は登りです。
いきなり速度は10km/h程度まで落ち、いつまでも続く急斜面。ほんと、途中で降りようと本気で思いました^^;
#しかし、チームとはいえ5時間で33周とか普通に有り得ないです、ほんと。

10月終わりには、社長さん、バイト先の元先輩、そして自分の三名で富士スピードウェイを4時間耐久で交代で走るので、それまでにはもっとスタミナなどをつけておかねばなりません。
頑張ろう…。

サーキットを二周した後は、エキセントリックな自転車に乗って遊んだりしておりました。後輪が四角の自転車とか、FF(笑)の自転車とか。これもなかなか面白かった。

その後は温泉に入り、大磯でおいしい中華料理をごちそうになり、帰宅いたしました。
今後もどんどん体を動かしていかねば。

自転車でのカロリー消費量って

一昨日も「チャリ通」してきました。
#まぁ、学校に泊まったので帰りは次の日になりましたが…。

で、ちょっと気になったのが、自転車でのカロリー消費量。
いろんなサイトにいろんな値が載っていて怪しい限りなのですが、ママチャリを対象としていないもので、平均時速などを入力して計算するものがありました。

自転車で痩せよう!! - 今日の消費カロリー

自転車にくっつけたサイクルコンピュータによれば、通学時の平均時速は18.8km/h、そして漕いだ純粋な時間は70分程度。
これに年齢、体重などを入力すると…。あらま、600kcalを軽く超えるんですね。往復では1200kcal。ほんとかいな。

まぁ、僕が乗っているのはMTBよりも軽くてスピードの出やすいクロスバイクなのでもう少し消費カロリーは少ないのでしょうが、いずれにしろ良い運動にはなりそうです。

ジョギングやウォーキングでも良い運動にはなるのでしょうが、距離が稼げない分「通学や通勤」との兼用が出来ないというのが自分的には駄目です。
運動するために運動する、というのは僕には出来ません(笑)

ちょうど今年の梅雨明けの報が入ってきました。
長続きするよう頑張らねば。

チャリ通

昨日は久しぶりに雨ではなかったので、家から学校まで自転車で行ってみました(片道22km)。

…なにがつらいって、背負っているリュックが重いのがつらい(PCやその他諸々で5kg以上あるはず)。
電車で行く時は網棚に載せたり、掛ける肩を左右変えたりしてしのぐことが出来るものの、自転車だとそうはいきません。
リュックのサイズも小さくて、どうにもこうにも背中がぎこちない感じでした。今度はもう少しきちんとしたリュックで行こう…。

アップダウンの激しい道でしたが、自転車の軽さもあってめちゃくちゃ疲れるということはありませんでした。これだったら週に何回かはチャリ通できそうです。ちなみに所要時間は1時間20分。全て車道を走ればもう少し早く行けるかもしれません。


足よりも、お尻と腕が疲れます。サドル取り替えた方が良いかも…。

自転車を買ったのです

以前のエントリで自転車の購入を決意したわけですが、先週やっと手に入れました。

モノは、Specialized Sirrus 2007年モデルです。色は赤。日本の輸入代理店のサイトにはこのように告知がされているのですが、どうやらまだあまり市場には出回っていない様子(本家のサイトでもまだ載ってない)。単に自分はこのメーカーの鮮やかな赤色が気に入っただけなのですが、自分に合うサイズで赤というのが2006年モデルでは品切れだったので、運良く2007年モデルが回ってきました。うれしい。
(しかし、この写真はまったくもって綺麗に写ってませんね。今度自分でしっかり撮ります)

買ったのは地元のお店です。コンピュータと違って完全に素人ですし、何か困った時やメンテが必要なときには家から近い方が良いかなと思ったのが理由です。
結果は正解でした。車種選びから調整まで、かなりきめ細やかに対応してくれて納得した買い物が出来たのは良かったです。

バイト先の社長さんのロードレーサー(あの、ツールドフランスとかで良く見るハンドルがくねってなってるやつ)に一度乗らせてもらって驚いたのはその軽さでした。片手で持ち上げられますし、何よりペダルを踏むと「踏んだだけ加速する」感覚が気持ちいい。
自分で買うとなるとさすがにロードレーサーはまだまだ敷居が高いのですが、僕が買ったクロスバイクという種類のものもその感覚は味わえます。普通に踏んでもすぐ20km/h以上になりますし、そうなると自転車が自転車を追い越すこともザラです。

しかし、最近は雨が多いのが残念です。
今日は地元の駅まで自転車で行きましたが、帰りは結構な雨。リンク先の写真を見れば分かる通りデフォルトの状態では泥よけが付いてないので、自宅に着くまでに跳ねた泥が背中に多少かかってしまいました。泥よけつけるか…。


周りの声はさまざま。
「うわ、結構思い切ったねぇ(研究室の先輩)」
「ほんと、これと思ったことにはこだわってお金つぎ込むよね(両親が経営する料理屋の板前さん)」
「こんど修善寺のサイクルスポーツセンターに行こう(バイト先の社長さん)」
「そんだけ金あるんだったら、少しはまともな服買えば?(失礼なことをいつも言う弟)」

まぁ、うん。たしかに服とかも買った方が良いかもね(笑)

Index of all entries

Home > Bike Archive

Search
Feeds

Return to page top