Home > Bike > 富士スピードウェイ顛末

富士スピードウェイ顛末

fisco.jpgこのエントリの続きです。

というわけで、だいぶ間が開いてしまいましたが富士スピードウェイでの顛末を。


10/29に参加したイベントは、富士チャレンジ200というものです。まぁ、富士スピードウェイを自転車で疾走してしまおうぜという企画。
詳しくはリンク先を見てもらえれば分かるのですが、200kmを個人で走りきる種目や、4時間耐久で複数人で繋いで走る種目などがあります。

今回は、バイト先の社長さんと先輩と自分の三人で4時間耐久種目に出場しました。


いやこれがですね、気持ちいいんです。走ってる最中に富士山が目の前に見えるわ、下りでは時速60kmくらいで走るわ…。まぁ、のぼりになると20kmを切ってしまうのですが(汗
まぁいずれにせよ、あんなに広い道幅のクローズドサーキットを自転車でなんてめったに体験できることじゃないので、良い経験になりました。


しかしまぁ、これだけで終わらないのが初心者なワタクシなわけでして。
今回の参加者は初心者から上級者まで幅広かったのですが、それ故上り坂では結構詰まりがちになってしまいます。スピードを出したくてもなかなか出せない状況。

そんなところで前のゆっくりめの自転車にあわせて走っていたら、後ろからいきなりがつんと衝突され、バランスを崩した自分は落車転倒。転倒した車体に後ろの自転車が乗っかって、踏まれた後輪がパンクしてしまいました。
幸い大した怪我はなかったものの、リレー形式なのでなんとか後ろの人に繋ぐべく、ゴールまで残り1km以上を自転車をひっぱって歩く羽目になりました。なかなか寂しいです、あれは。

しかしまぁ、なんとか社長に繋ぐことが出来、アクシデントにもかかわらず4時間で25周という目標を達成することが出来ました。来年また出場できれば、さらに記録を伸ばしたいところ。


(おまけ)
fisco2.jpgパンクした後輪タイヤを剥がし、損傷具合を見るためにバラされた我が愛しのSirrus。

Comments:2

kao 2006年11月 5日 23:11

やっほーー

自転車の本格的さに驚いたっっ
いやー格好良いねー♪

この自転車はなんて読むの?
「サイラス」?「サールス」?

転倒してしまったのは残念だったけど、大きな怪我しなくて本当良かったねー

来年こそは富士さんと木村くんの華麗な走りを見に行きたいものです。

Hiroaki 2006年11月 8日 01:55

どうもですー。

自転車は、この色に惚れて注文しちゃいました。なかなかきれいです。

自転車の読み方、たしかにあまり気にしてなかった…。「シラス」と読む人が多いかな?

来年は参加してみたらいかがでしょう^^
女性もけっこういましたよー

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.hiroaki.jp/mt/mt-tb.cgi/417
Listed below are links to weblogs that reference
富士スピードウェイ顛末 from Hirolog

Home > Bike > 富士スピードウェイ顛末

Search
Feeds

Return to page top