Home > Diary > | Research > 日本へ帰国しました

日本へ帰国しました

notredamme.jpg本日、モントリオールより帰国しました。
学会に関しての感想その他はまた別に書くことにして…。


学会で国外へ行くのは昨年のシアトル以来ですが、シアトルの学会開催地は比較的ダウンタウンから離れていたためもあってか、まわりの人との交流があまりありませんでした。

今回はそれとは違い、研究とは関係のない人とおしゃべりできたのでなかなか楽しかったです。
北京滞在時に道を尋ねられて答えられなかったという苦い経験を払拭することも出来ましたし(たまたま迷ってる人たちの行き先が自分の滞在してるホテルだった、というのもありますが^^;)、飛行機内でとなりの人とおしゃべりなんてこともできました(学会とは関係なかったのですが、SAPのデベロッパの方でした)。


印象的だったのが、「日本」に関係する人と多く出会ったこと。

最終日にホテルで空港行きのバスを待とうと、玄関先にいた人に「空港行きのバス待ってるんですよね?」と話しかけたら、その人は4年前まで横浜のU.S. Navyにいたそうです。モントリオールには、例年レスキュー関係の会議に来ているようですが、「去年は結局待ってもバス来なかったんだよ」「まじっすか!」なぁんて話になって、結局タクシーをシェアして空港まで行くことになりました。

空港の出国審査で並んでいたら、前の学生とおぼしき人から「CHIはどうだったよ?」といきなり聞かれました。「すごくよかったけど、でかすぎて見たいプレゼン全部見られなかった」みたいな受け答えの後、所属大学を答えたら…。びっくり、その人数年前までうちの大学にスカラーシップで来ていたようです。「高田馬場をおりると、そこに見えるのはマクドナルドが5つ! まったく信じられねぇよ」なぁんて言ってましたが、5つもあったっけか?(笑) 全盛期(?)に2つあったのは覚えてますが。

SAPのデベロッパの方と話したのは、そもそもデトロイトでエンジントラブルによる機体変更と大幅な遅延によって彼が成田発の次のフライトに間に合わず、明日の便までの暇つぶしに「東京の都心まで行こうと思うんだけど、だいたい時間どれくらいかかるわけ?」という質問をされたのがきっかけでした(成田到着が遅かったこともあり、スカイライナーを使っても1時間半くらいかかると言ったら諦めたようです)。彼のパスポートは台湾のものでしたが、アメリカの大学で修士をとり、それから20年間アメリカで仕事をしていたのだそうです。「きみんとこの大学は野球強いよね?」とか「Tokyo Imperial Universityが日本の大学では一番だったよね?(帝国大学っていつの時代だ^^;)」、「そうなると、慶応ときみんとこがNo. 2, No.3あたりになるわけ?(微笑をたたえて誤摩化しておきました)」などと日本の大学事情になぜかやたら詳しい彼。最後に記念にってことで「なんもないけど、ボールペンでも交換する? これSAPって入ってるし」と提案してくれたんですが、「ごめん、僕が持ってるのMicrosoftのだよー」「それじゃぁボスの前で使えないわなぁ(笑」ときっちりオチがついてお別れとなりました。

右上の写真は、モントリオールの名所の一つ、ノートルダム大聖堂(モントリオール版)です。
モントリオールと学会の様子を収めた写真はこちらに半ば無秩序においてあります。このFlashはAdobe LightRoomで生成されたもの。まだベータ版ですが、なかなかやりよります。
今回はα Sweetが初めて本格的に活躍しましたが、それにしてもやっぱり海外に一眼レフ(と広角/標準ズーム2本)もってくのは厳しいですねぇ。

Comments:2

やまがつ 2006年5月 1日 02:10

おかえり!
かとう氏も30日に上京していて、1日は秋葉原にいますよ。
しかし、モントリオールは聞きしにまさる美しい街ですねぇ。

ぐっしー 2006年5月 5日 23:29

遅くなったけどお疲れ様。
当日聞いたんだけど、寿司の日がちょうど帰国の日だったんだね(^^;
さすがにスケジュールが厳しかったでしょう。

12日はとある用事で学校に行くことになってるので、もしよかったらその時にでも食事しますかね?

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.hiroaki.jp/mt/mt-tb.cgi/360
Listed below are links to weblogs that reference
日本へ帰国しました from Hirolog

Home > Diary > | Research > 日本へ帰国しました

Search
Feeds

Return to page top