Home > Mac > | Research > | Technology > 逆Switchな日々

逆Switchな日々

MacBook Proが病院送りになって以降、しばらくは弟のPowerBook 12"を使っていたのですがそれも長くは続かず。
現在はもっぱら研究室のThinkpad T43を使用しております。
初めてWindowsノートを常用したので、気づいたことを書いてみようと思います。


1. キーボード
個人的にはMacBook Proのほうが好み。Thinkpadは代を経るごとにキータッチがへなってきている気がする。X20とかは良かったのに(と、自分の古い記憶は訴えている)…。

2. 開発環境
Visual Studioに慣れないので、やっぱりMacのほうが効率が良い。別にXCodeが良いというわけでもないけれど、アルバイトでPHPやらSQLやら触ったりする関係もあって、Apacheから全部最初から入っているMacのほうが環境を構築するのが楽です。テストもその場で出来るし。
Visual Studioは、外部ライブラリのリンクとヘッダのインクルードをするだけでなんであんな面倒な設定をせねばならんのだ…。細かいところで気が利いてはいるんですが。
EclipseはWindowsのほうがやっぱり速いです。MacBook Proになってから肉薄してはいるのですが。

3. モバイル
Winのスリープ復帰に時間がかかるのでイヤ。T43には指紋認証があってそいつを利用していたりするのですが、なんだかんだでスリープ復帰して指紋を認証できる状態になるまで数十秒はかかっている雰囲気。
スリープ中に結構電池も食うし、ぜんぜんモバイル用途に優しくない…。
あと、Thinkpadのロケーション管理プログラムの出来がよろしくないので、無線LANのプロファイルを変更する際にイライライライラします。なんだありゃ。

4. インターネット
メールはIMAPを使っているので、Thunderbirdで今までのメールも普通に見れて違和感ないです。ブラウザはFirefox。MacではSafariを使っていて、.macでブラウザのお気に入りを同期させていたので、それがないのは不便…。ただ、IEとかFirefoxはMacよりも速いですね(特にIEはドーピングしてるんじゃないかって思うくらい。JavaScriptとかはそんな速くない)。あと、ブラウザは文字が汚すぎ。さすがにMacのあとだと違和感が。
SSHやSCPなんかは、たいていいままでコマンドラインでやっていましたが、Windowsでは「かったるい…」とか言いながらGUIクライアントを落として使ったりしております。まぁ、ここらへんの使い勝手はあまり変わらない。

5. スケジュール管理ソフト
iCalに代わるものはそこそこあるのでしょうが、やっぱりiCalデータを.macで同期させてるものとしては、他のソフトがあまり使えなかったり。
Google Calendarが公開されたのでそれを使ってみるのも一興かもしれません。しかしこれは、サイボウズこれからつらそうだな…。

6. 文書生成
OfficeのWindows版は入れてないので評価できず。
LaTeXはWindowsはなんかインストールが面倒そうだったのでこれまた敬遠。


…。日々使うソフトウェアはこんくらいしかないってことなのでしょうか(笑
結論としては、同じようなことは当然Windowsでもできるけれど、自分としては効率が悪くてやってられないといったところです。慣れの問題もおおきいんでしょうけどね。

Comments:1

Murata 2006年4月16日 01:27

一応Windowsユーザなので、Windowsのフォローをしておきます^^;

今、スリープからの復旧を試してみたんだけど、ディスプレイを開き始めてからスリープ前の状態に戻るまで10秒くらいでした。もちろん復帰時のパスワード入力時間も含みます。私のX31はこんな感じです!


以前、研究室マシンに指紋認証デバイスを付けてセットアップしただけで、起動時間が10秒ほど増加した経験があるので、もしかすると指紋認証が原因かもしれないですよ!!

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.hiroaki.jp/mt/mt-tb.cgi/356
Listed below are links to weblogs that reference
逆Switchな日々 from Hirolog

Home > Mac > | Research > | Technology > 逆Switchな日々

Search
Feeds

Return to page top