Home > Device > | Diary > | Research > 24インチディスプレイきたる

24インチディスプレイきたる

アルバイト先のご好意で,DELL 24インチディスプレイが我が家にやってきました.以前書いた,某会長購入の品と同じです.
右の写真は,とりあえずPowerBook 15"に繋いでみたの図.なんかあんまり大きく見えませんが,PowerBookのキーボードあたりから大きさを推測してくださいませ.

凄いです.もう大満足.
DVDとかフルスクリーンで見ると迫力ありますし,eclipseとか開いてもかなり余裕でコードをがしがし見られます.サードパーティってことでちょっと心配だった色関係に関しても特に問題ないようです.


今までのブラウン管は17インチだったのですが,見かけ上の大きさは写真で比較するとそう変わりません.それで24インチまで表示できてしまうのですから,そりゃブラウン管が廃れるわけです.

奥行きの問題でテーブルに対して斜めを向かせていたブラウン管でしたが,液晶に変わって,テーブルの真ん中に正面を向かせて設置させることが出来るようになりました.テーブルの両脇にスピーカを配置している自分としては,これまでスピーカとディスプレイが平行でないのが気にかかっていたので,それが解消されてさらに満足だったりします.


ちょっと使って思ったのが,メニューの位置に関するこれまでの議論についてです.
一般に,人がカーソルで物体をポイントするまでの時間は,距離が長くなれば長くなるほど大きくなり,対象の大きさが大きければ大きいほど時間は短くなります.いわゆるフィッツの法則というやつです.

WindowsとMacでメニューバーの位置が違うのは皆さんご存知の通り.Macは画面の上端にありますし,Windowsは各アプリケーションウィンドウの上端にあります.
MacやLisaのUIを設計した当時にこの法則を念頭に入れてデザインしたのかは分かりませんが,フィッツの法則に従えばMacのデザインの方がメニューバーの各要素までカーソルを移動してポイントするのに短い時間で済みます(どうしてかは考えてみてください).

がしかし,大画面になってくるとまたこれが変わってくるんですよね.
右下の方に表示したアプリケーションのメニューを触るために,わざわざ左上のほうまでカーソルを持っていくのは結構面倒です.マウスをスイープしながら動かしたりしなくちゃいけないですし,ちょっといじっているだけでも結構気になります.

というわけで,なんか面白いUIとかないかしらねー,と頭の隅で考えつつ,この大画面を堪能しようと思います.
やっぱり,いいわー.

Comments:2

KF 2006年3月 1日 11:32

そうなんです。私はかねてからデュアルディスプレイの状態で使っているのですが、MacのメニューバーとDockは恨めしいです。非常に使いづらいです。両方にメニューバーとDockを配置してくれるようなモンはないだろうかと以前探してみたことはありましたが、全くみつかりません。Appleもデュアルディスプレイ環境を以前は推奨していたんだから、その辺も気付いているはずだろうに、何とかしてもらいたいモンです。

Hiroaki 2006年3月 3日 19:19

たしかに、Dockも同じ問題を抱えていますね。
それを考えるとWindowsのタスクバーもにたようなもんですね。

研究レベルであれば様々な代替案がありますが、それにしても実用化はまだまだ遠そうです…。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.hiroaki.jp/mt/mt-tb.cgi/338
Listed below are links to weblogs that reference
24インチディスプレイきたる from Hirolog

Home > Device > | Diary > | Research > 24インチディスプレイきたる

Search
Feeds

Return to page top