Home > Programming > libjpg, libz

libjpg, libz

携帯端末のカメラ画像をホストマシンに送って加工するようなプログラムを書く。
生データだとでかいのでjpgかなんかに圧縮しようと思ったわけですが…。いまいちlibjpgに関するいい感じのサイトがないため、仕方なくzlibを使ってgzip圧縮をすることに。

…超簡単。
compress()で引数にデータ配列をぶちこむだけなんですね。uncompress()もやたら単純。
しかし、なんだかんだで圧縮する時間があるために生データを送るより遅くなる模様(汗)

考えてみれば、「色」という要素を考えない辞書式圧縮だからこんなに単純なわけで。
jpgだと色の近さとかも関係してくる気がするので、パックされたデータのどの部分がR, G, Bに対応するのかとか指定してやらなくてはならないのではないかと思います(全然調べてないので分かりませんが)。
もしそうだとすると早々にzlibに逃げた判断は正しかったかもなぁ(笑


…それにしても、リンカでのオプション、やっぱり"-lz"なんすね。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.hiroaki.jp/mt/mt-tb.cgi/168
Listed below are links to weblogs that reference
libjpg, libz from Hirolog

Home > Programming > libjpg, libz

Search
Feeds

Return to page top