Home > Programming > プログラムを書くということ

プログラムを書くということ

情報系の学科にいることもあって、ソースコード自体にはほとんど毎日さわっているわけなんですが(んー、さすがに大げさかな)、なんつーか、趣味のプログラムを書く段になると、それ相応の「やる気」みたいなのが必要な気がします。

研究室で書くプログラムに気合いが入ってないって訳じゃないんですが、趣味で書くプログラムと違って

・期限が決まっている
・仕様もたいてい決まっている
・Macでしか動かないプログラムはめったに書かない

ってなのがあるせいか、どうもプログラムへの取り組み方が違うような気がします。


こうやって書くと、趣味のプログラムの方が気楽でいいじゃんとも思うんですが、なんでかそちらのほうが「さぁ、気合い入れて書くぞ」みたいなのが必要です。
フリーウェアで公開してるってのも一因なんでしょうかね(公開してるっていっても半ば放置プレイでアレですが…)。

ほかのフリーウェア作家さんはどうなんでしょうか。知りたいところです。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.hiroaki.jp/mt/mt-tb.cgi/136
Listed below are links to weblogs that reference
プログラムを書くということ from Hirolog

Home > Programming > プログラムを書くということ

Search
Feeds

Return to page top