Home > MIDI > | Mac > QuickTimeでSoundFontを使おう!

QuickTimeでSoundFontを使おう!

みなさん、SoundFontってご存知ですか?
EmuとかCreativeあたりが積極的に推し進めてる(推し進めてた?)データフォーマットで、サンプリングされた音楽データが入ってるような奴です(適当な説明)。
OS XになってCore AudioでSoundFontとか使えるぜ!とかいうのが話題になっていたのですが、いまいちユーザ側にメリットが表れてない感じでした。

んで、最近知った(というか、QuickTimeのコンパネを見て気づいた)んですが、どうやらOS X 10.3ではQuickTimeでのMIDI再生のサンプルデータとしてSoundFontを利用出来るようになったようです。
方法は簡単で、SoundFontファイル(.sf2ファイル)を~/Library/Audio/Sounds/Banks/に放り込むだけです。
あとは、QuickTimeのコンパネで以下のようにサンプルデータを選ぶだけです^^

QuickTimeでSoundFontの設定

さすがに、普通のQT音源よりは音がいい感じです。あんまりでっかいファイルを入れると再生までに時間がちょっとかかっちゃいますが^^;

なお、フリーのSoundFontは、こちらのサイトなどで落とせます^^

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.hiroaki.jp/mt/mt-tb.cgi/66
Listed below are links to weblogs that reference
QuickTimeでSoundFontを使おう! from Hirolog

Home > MIDI > | Mac > QuickTimeでSoundFontを使おう!

Search
Feeds

Return to page top